2017年06月12日

単なる甘やかしは無責任である

自分が人にしてあげることのできる余裕があるときに、ちょっとの努力で自分ができることを、励行していくのである。それでは、自分も楽しさを満喫することはできない。喜ぶ顔が見たいといっても、利那主義にならないように気をつける必要がある。

その瞬間に相手が喜んでも、その人の将来にとってよくない結果になることは避ける。祖父母が孫を喜ばせようとしてすることは、ときには、孫の将来にとってマイナスになる。それと同様に、単なる甘やかしは無責任である。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。