2017年04月10日

家族と仕事とどちらを大切にするべきか

 ただ、人によっては、仕事に一心不乱になっていくにつれて、「家族のため」という当初の目的を忘れてしまうだけである。「手段」である要素のほうが多かった仕事が、いつの間にか「目的」自体になってしまうのだ。

 本末転倒と言うほかはない。「家族と仕事とどちらを大切にするべきか」という点は、よく考えてみれば明らかである。家族を取り替えるのは、不可能に近い。たとえ取り替えることができたとしても、相当な「痛み」を伴う。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。