2016年11月14日

口に砂利を詰め

保衛部や保安(警察)署の担当者は、脱北者がいる家族の自宅を頻繁に訪れ、白々しく「一杯やろう」と誘う。そして、食卓の裏に盗聴器を設置する。また、移動しながら韓国との国際通話を摘発するためか、自転車にも盗聴器を設置するという。

もちろん、こんなアナログな方法では盗聴器を仕掛けられた家族も気づく。そして「なんでこんなものを設置するんだ」と保衛員を責め立てるが、本人は知らぬ存ぜぬの一点張り。脱北者がいる家族は「家に客が来た後は、家中を点検しなければならない」「イチャモンをつけられるような行動、言動に気をつけろ」などと神経を尖らせている。

わざわざバレる可能性があるにもかかわらず盗聴器を仕掛ける真の狙いは、家族間の猜疑心を生み出し脱北などを選択しないよう圧力をかけることかもしれない。

また、監視だけでなく「韓国にいる家族に『許してやるから、戻ってこい』と伝えろ」と、家族に揺さぶりをかける。その理由は、12月17日まで行われている「200日戦闘」の総和(総括)の時に、「脱北者を帰国させた」と実績を報告できれば、担当保衛員は昇進が約束されるからだ。何も成果が得られなければ、処罰される可能性もあることから彼らも必死だ。

保衛部に限らず北朝鮮の治安機関は、治安を維持する職務だけでなく、その過程で庶民からお金をかすめとり、それを上部の党組織に上納しなければならない。そのために「恐喝ビジネス」までも厭わない。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。